最近は、振り袖でもカジュアルな髪型を楽しむことが多いようですが、舞妓さんにはやっぱり日本髪が欠かせません。
結い髪の技術にも、伝統が光ります。

左から・・・
コテ(髪の癖直し)、元結通し、なぎなた(鬢<びん>をなでつける)、筋立て(髷<まげ>を形づくる)、鬢櫛<びんぐし>(鬢<びん>をとく)、中櫛<ちゅうぐし>(髪をとく)

左から・・・
(上)毛たぼ、(下)紺紙、(上)がき髱<つと>(髱<つと>さし)(下)<びん>はり、先添、鬢<びん>みの、櫛差し、前髪のかもじ

髪の結い方
花嫁様 日本髪【文金高島田】

顔の印象は髪の形でずいぶん変わります。
髪をのばしていらっしゃる方は、本格的な髪結いを体験なさってはいかがですか?

①結い始める前に、コテをあてて、髪の癖を直します。

②前髪・鬢(びん)・髱(つと)・根の筋分けをし、しごきで結んで、髱を上げます。

③鬢の筋分けに鬢みのを入れ、毛を充分とき、鬢を形づけます。

④鬢を作ります。

⑤直毛の添えの毛を付けて、島田髷を作っていきます。

⑥ へらを当てて、前髪を作ります。

⑦結いあがったら、なぎなたで整えて完成です。

⑧花嫁さんの簪を挿して
文金高島田の花嫁です。

※髪結いの際にはおこてをあてさせていただきます。
お客様の大切な髪ですので、最大限の注意を払いますが、 お客様の髪質・髪の傷み具合などにより、 こての跡が残る場合もございますので予めご了承ください。

結い髪の種類

髪の結い方にはさまざまな種類があります。
あなたはどの結い方がお気に入りですか?

一般的な髪型

割れしのぶ

年少の舞妓さんがします。

8,800円

おふく 

年長の舞妓さんがします。

8,800円

変わりまげ

※下の画像をクリックすると拡大画像を見ることができます。

お染

11,000円

結綿

11,000円

おしどり

11,000円

水車

11,000円

おしゅん

13,200円

菊重ね

13,200円

奴島田

16,500円

勝山

16,500円
※祇園祭の時に結います。

中島田

13,200円

※髪結いのままお帰りを希望の方は、 小物類レンタル料1日につき2,200円が別途かかります。
また別途保証金10,000円お預かりいたします。